新規事業 New Direction

食品リサイクル

豆撰

栃尾の油揚げと有機肥料の素敵な出会い!
http://mamesen.jp/company/

豆撰

山に囲まれた栃尾は雪も多く、昔は冬になると陸の孤島と化すこともしばしばでした。
冬場の貴重なタンパク源を確保するためにも、保存の利く大豆を使った豆腐や油揚げづくりが盛んになったのです。栃尾の油揚げはジャンボサイズで厚さが2センチもあり、当店でも全国からご注文をいただいています。
以前から大量に出るおからが産業廃棄物として捨てられてしまうのはもったいないと思っていました。リサイクルに関心があったので、新潟部品さんから有機肥料を作りたいというお話を聞いてご協力することにしました。新潟部品さんはこの町に仕事を持ってきてくれた恩人です。今後のご縁で栃尾の油揚げのPRをしていただけるのもありがたいですね。


長岡市関要肉店

うちで使うジャガイモを全部作ってください!

長岡市関要肉店

うちはお肉のほか、常時70〜80種類のお惣菜を製造販売しています。中でもコロッケは店頭でご注文頂いてから揚げるため、一番の人気商品ですが、これに使うジャガイモがトウヤという品種。男爵を改良した、舌触りの滑らかな品種で、これまでは北海道産オンリーでしたが、栃尾で新潟部品さんが有機栽培されると聞いて、トウヤを指名させてもらいました。
土の香りが生きていて、たいへんいい出来ですね。コロッケのほかにポテトのチーズ焼きも良く売れるので、うちでは年間15トンもジャガイモが必要です。新潟部品さんの有機肥料は品質が上々ですから、早く規模を拡大して、うちの分全量を一社でまかなえるようになってほしいですね。