新規事業 New Direction

介護事業

グループホーム(認知症対応型共同生活介護)

利用者様の影になりサポートいたします。
紙ふうせんのグループホームでは、職員が利用者様の影となり、陽を浴びる利用者様にいつでも付き添っている影のような存在となれるよう日々努力をしています。
同じ建物にあるデイサービスの利用者様・職員と一緒に行事をする事もあります。
また、紙ふうせんの母体である『矢崎総業』の敷地内にある為、社宅や独身寮・保育園があり利用者様の生活に良い刺激になっています。食堂から見える富士山が紙ふうせんの利用者様に四季を伝え、春には桜のトンネルが利用者様を見守り、利用者様一人一人の個性を活かしながら生活をともにしています。


グループホーム(認知症対応型共同生活介護)とは?

共同で生活しながら 日常生活の介助や機能訓練を行うサービスです。

共同で生活しながら 日常生活の介助や機能訓練を行うサービスです。

認知症の方に対するサービスです。
少人数(5〜9人程度)の方と介護職員(スタッフ)で共同生活を営みながら症状の進行を緩やかにし、安定した健やかな生活を送れるようにご支援いたします。
家庭的で落ち着いた雰囲気の中で、食事の支度や掃除、洗濯などの作業を共同で行います。


サービスの内容

日常生活をともに送りながら、24時間体制で認知症の方をケアいたします。
外出やレクリエーションもお楽しみいただけます。

食 事
・ご利用者様とスタッフ共同での調理・買出し
・盛りつけ、配膳も支援

入浴・排泄・清掃
・入浴、排泄、居室の清掃、洗濯も支援

外 出
・買い物や昼食、喫茶、野外活動、散歩などの外出
・地域の行事への参加、小学校との交流、季節の行事

レクリエーションなど
・敷地内の農園・菜園で、野菜・花の栽培が可能
・おやつ作り、団らん、歌、体操、趣味(折り紙・書道・編み物・絵画など)
・誕生日会・お花見・夏祭り・敬老会・クリスマスなどのイベント

面会・宿泊・自宅への外泊
・自由にしていただけます。